結局のところ顔が好き

とにかく推しの顔がいい

180928,30 IDEAL CUT マニラ遠征記①

SEVENTEENのおかげで色々な場所に行く様になって数年、久しぶりに人生で初めての地に行ってきました〜。
フィリピンのマニラです!!

実はマニラは今回のワールドツアーで最初に候補地から外した場所でもあり…
だってマニラのイメージといえばスリ・賄賂・銃・薬物みたいなヤバいの極みみたいなイメージありません!?
調べてみても"空港を出るときには賄賂がないと出してもらえない"
"世界ワースト1空港"
などなど不安を煽ることばかり出てくるからもう逆に笑えちゃってきてww
と、まあ色々紆余曲折経て人生初のマニラ上陸となりました。

ちなみに今回の通信事情はこちら。

simカード8日間3GB+ Wi-Fi1日300MB+ホテルのWi-Fiをうまく併用していこうかなと思ったのですが、まぁどれもこれも繋がらないwww
Amazonのレビューに「インターネットもインスタも問題なく使えました」とありましたが。これだから一般人のレビューは信用ならない…(小声)
あとは繋がけるど遅い
動画は見るのもアップするのも時間がかかるのですが、これでもかなりのベストを尽くしたのであとはもうフィリピン通信網の向上を祈るしかない!ww

マニラまではセブパシフィックでのフライト。
韓国行くのと変わらないくらい安く、機内食もなかなか美味しそうでした!あとCAさんの制服がとてもかわいい。
行きはガラガラで3席独占できちゃって「セブパシフィック大丈夫か?」とか思ったのですが帰りは満席でした。

イミグレ、両替を経て着いて早々に気づいたのがフィリピンの人たちは基本的に急がない。
日本人がせっかちなのもあると思うんですけど、なんでものんびりです。
別に対応が悪いわけじゃないからいいんですけど全ての行動には余裕を持って、急いでないときは広い心でいた方がいいですww

頼りにしていたgrabTaxiが混雑で捕まらず、やっとの思いで客引きからタクシーを捕まえたはいいけど運転手さん、キマッちゃってない………?と一抹の不安が胸に過ぎるくらい明るい。
ずっとハイテンション、かと思えば突然のローテンション、そしてたまにハンドルを持たない彼(20代前半にして2児の父親)
こちらも変なところに連れて行かれたらわかるようにGoogleマップで現在地を確認しつつ「Keep Safety!Please Safety!」とあわよくばスピード上げようとする彼とのスリリングなドライブ体験でした。
今思えば彼は陽気なフィリピンの人の中でもかなり陽気なだけだったと思うんですけどこっちも心の準備ができてないよって弁解させてほしいところですww

そしてホテルに着き、この日はソウルアンコンのチケッティング日…
できればチャレンジしたいなぁと思いホテルのロビーでパソコン使ってたフロントマンさんに「パソコン使えるところってこのホテルにありますか?」って聞いたところ
「これ使っていいですよ!」
「!?!?」

緩い、緩すぎるぞフィリピン。
あなた今このパソコンでシフト作ってませんでした?wwwとツッコミを入れたい気持ちは山々だったのですが
せっかくなのでお言葉に甘えて前代未聞のホテルロビーからチケッティングに挑むことに相成りました。

無事チケッティングも済ませ食事に向かった先はコンサート会場もあるSM Mall of Asiaです。
SMと聞くとついエンタと続けたくなりますが無関係。かなり広いモールなのでとりあえずここで1日潰せそうな感じしますね。
ちなみに何ゾーンかに別れてるのですが各ゾーンを行き来するには一度外に出たら必ず荷物検査金属探知機(時にはボディチェック)が必要です。
警備員さんは普通にライフル銃肩から下げてるから普段銃になんて接しない日本人はグッと身が引き締まります。

この日の夕飯はChili'sというアメリカンダイナーっぽいレストランで取ることに。
わたしたちのテーブル担当をしてくれた男の子は日本語が話せる子ですごく助かりました!
他の店員さんもみんなとても陽気で明るくてこの辺で「あのタクシーの運転手くんだけじゃないのでは?」と気づきました。
ヤバいやつ呼ばわりしてごめんよ運転手くん…。

夕飯はチーズとベーコンがかかったフライドポテトと、サーモン&リブ&チキンのグリルトリオ。
なんてハイカロリー!!グリルは3つともソースが違う味付けと付け合わせでとっても美味しく、
モヒートも日本じゃ飲めないくらいライムがドカドカ入っているのでさっぱりして最高でした。


帰りにスタバでアイスティーにグレープフルーツ?の果実がごろごろしてるやつを飲んだのですがこの時「Name?」と聞かれまして、
日本じゃなかなかできないし!ってことで「민구!」 と答えたのですが
受け取ったカップには「Mimgy」
いや、ミムギー誰やねん。
確実にわたしの英語能力が低いのが悪い…ちなみにフィリピンのスタバはこの後もう一度行きましたがもれなく名前を聞かれるシステムみたいですね。
わたしは明らかに観光客だったので「ミンギュは韓国から来た?」「良い一日を、ミンギュ !」などなどめちゃくちゃ話しかけられました。
推しになりきりたい人、どうぞ(?)

ちなみにこちらコンビニで見つけたおもしろいもの。
デルモンテのパイナップルジュースのビタミン入り、カルシウム入り、鉄分入り。
南国ならではですがやはりフルーツジュースの種類が豊富!


2日目は少し長くなりますのでこちらへ。
180929 IDEAL CUT マニラ遠征記② - 結局のところ顔が好き


帰国日〜!ホテルモーニングの無糖ヨーグルトが美味しいことに気づき丼(多分お粥用)になみなみ注いで歩いてたら
ボーイさんが親切に「ジャムは?果物は?トッピングありますよ?」って聞いてくれたのですが、すまんなわたしは無糖が好きなんや…
と笑顔でマンゴージャムを受け取る朝(受け取るんかい)
ヨーグルト食べながらたまにジャム食べるっていうくまのプーさんみたいな食事を済ませて空港へ!
帰りのタクシーはGrabTaxiというアプリを使って乗りました。
Uverみたいなものでアプリから現在地と目的地を入れると最初に料金も教えてくれるからぼったくり防止になるし、他の流しのタクシーに比べて安全度が全然違うらしいです。
最初に電話番号認証が必要なので登録は日本で済ませるのをお忘れなく。

このタクシーのおじさんはBGMのセンスがすごく良かったww
乗りながら片言の英語で話してたのですが
「あなた日本人?」「そうです〜」
「何しに来たの?」「韓国アーティストのコンサートですよ」
「日本人が韓国人のコンサートにフィリピンに来たの!?www」
おじさんめっちゃ爆笑してましたけどわたしも「それな?」って改めておもしろくなっちゃいましたww

出発ロビーに入るためは飛行機に乗る証明と荷物検査があるのでピーク時には空港に火うのにかなり時間がかかるようです。
わたしは離陸よりかなり前に着いていたので、さっさとチェックインを済ませてマックでご飯を食べて空港にあるKenko Spaに行ってきました。
(最近世界のマッサージに行くのが趣味みたいになってる)
30分1200円だったので十分安い方だなとは思うんですけど、これでもマニラでは高いんですって。他だと60分1200円とからしく驚異の物価…
あとここは仮眠とかもできるみたいなので早朝・深夜便の人には良さそう。
30分とはいえスタンディングで疲れた足には十分すぎる!ちなみに足湯は付いてないです。

この後フィリピン最大のファストフードチェーンであるJollibeeに挑戦しよう!
と調べてみたところフードメニューは好き嫌い別れるとあったので避け、それならアイスでも食べようかと行ってみたのですが
「マシン故障中だからごめんね〜!」とあっさり断られてしまい残念…緩い。チョコソフト¥40食べてみたかった。
お店の前にいたJollibeeちゃん(目が座ってる)(怖い)

免税エリアは結構ちゃんとあったものの化粧品は品揃え的にそこまでかな〜って感じです。
ただ飲食店とコンビニみたいな食料品のお店だけは広い出国エリアに10mおきくらいにあるので時間潰したりなんかおみやげを駆け込みで買ったりは余裕ですね。

そして楽しかったマニラを後にして台風が猛威を振るう東京へと帰国したのでした………

今回のマニラ遠征で気を付けたことは
・バッグは常に前に抱く
・こまめに貴重品のチェックをする
・手持ちのお金を見せない
・カードはサブカードを使う
などなどです。
わたしはラッキーなことに特に被害にも遭わずに済みましたが、やはり盗難などの被害もあったようですから…
普段呑気に海外でも夜遅くに出歩いちゃうのですが、今回はホテルに早めに着くを心掛けたりといつもの数倍気を引き締めて過ごしました。

最初は「マニラか……」って不安しかなかったし、会う友達にもみんなマニラの話すると「行くとこ行った…」って遠い目しかされなかったけど
いざ行ってみるとフィリピンの人たちは本当に明るくてフレンドリーな良い人たちもたくさんいました!
あと圧倒的に笑顔が多い。ファンの子達も、街の人たちも全体的にみんなニコニコしてる。
比較的裕福な人の多い地域にいたから良い面しか見えてないのはあるだろうし、サービス業なんだから当たり前だとは思うけど、
でも当初のマニラのイメージを良い意味で覆すそんな遠征となりました。

残りのワールドツアーもあとわずか、最後まで楽しく周れますように!

最後に空港のスタバでリベンジ達成したMingyuカップでお別れです。