結局のところ顔が好き

とにかく推しの顔がいい

180929 IDEAL CUT マニラ遠征記②

初フィリピンの洗礼も無事に済ませ(?)、2日目!
天気も良く快晴、隣のレジデンスでは朝からたくさんの人がプールで楽しそうに泳いで…って朝の8:00
みんな朝から元気だなぁ、とあまりの天気の良さに水着を持ってこなかったことを少し後悔しました。

朝からチケットの引き換えで会場(徒歩数分)まで行き、ライフル構えたお兄さんに荷物検査され、無事にチケットゲットしました。
カードタイプのものは記念になりますよね、一度も見せたりかざしたりしませんでしたけど。記念品ですかね。

この後公演までかなり時間もあったので東南アジア公演あるあるの謎のカチューシャ(みんな買ってたけど実際付けてる人いなかった気がするのはアリーナは禁止だった?)や非公式謎グッズを売るお兄ちゃんたちを避けながらまたもやSM Mall of Asiaへ行ってみました。
というか今回モールとホテルと会場しか行ってないです。近いし安全そうだったので。

テナントの数が多すぎて見始めたら終わらなくてコンサート前に無駄に体力を使いそうだったので、
グッと堪えてWatsonsとスーパーマーケットだけ見ることに。

フィリピンで買い物してて感じたのはとにかく物価が安い!!!あれ?わたしお金持ちなのかな?って錯覚しそうなほど物価が安い。
Watsonsでは受託手荷物がないことを悔しくなるくらいなんでも安い。
業務用レベルの巨大なニベアのボディソープが400円くらい、現地ブランドのリップは500円くらいが平均価格。
ちなみに今回8,000円だけ空港で両替してほとんどカード切らなかったのですが(ビビり)ちょうどいいくらいでした。

あとは驚くほどに美白信仰(今の時代難しい言葉だけど)がすごいくて驚き。
日本だと美白・エイジング・保湿って感じだけど美白・美白・美白でボディもフェイスもなんにでもWhiteって言葉が付いてるんです。
それと文化なのか小さいサイズの化粧品やトライアルサイズの品揃えが豊富でおみやげもしくはお試しに買いたい身としては助かりましたしかも大体100円前後。
日本だとメイク落としで有名なPONDSが幅を利かせていて、値段も20円(!?)のトライアルサイズ〜現品でも1000円くらいの価格帯でした。
あと日本人が好きそうなものだとelipsやダヴのヘアビタミンが100円前後でした。ここまでくると価格崩壊感ある。

スーパーマーケットはモールにありがちな超巨大な売り場に原色のパッケージがぎっしり!
最近友人の間では「海外インスタントラーメンとパックの輸入業者」と呼ばれつつあるのでここでも日清のカップヌードル(1つ16ペソ)にわたしの爆買い根性が疼いたものの、荷物制限のことを思い出して必死に我慢しました。

この日のお昼はSBARROというピザ屋さんへ!(昔渋谷にもあった気がする)
オープンキッチンで作ったピザがズラ〜っと並んでて(シカゴピザ、薄いピザ、パンピザ、ロールピザとか種類は色々)頼むと温め直してくれます。
あとはサラダとかパスタとか副菜もずらっとあって見て指さしで選べるから英語わからなくても大丈夫。
ピザにサラダもつけてこれで¥600なのでフィリピン価格だと高く感じるけどこの値段とボリュームならアリだと思います。


そして夜はいざ公演に〜〜〜!!

今回のアリーナ構成はスタンディングの後ろに着ブロがある構成で、スタンディングエリアは思ったより余裕がありました。
そして台湾香港韓国とは比にならないレベルのセキュリティチェックを受けてドキッとしました。
女性だからいいけど随分触るねぇ…とドキドキしてしまったwww
わたしは最前取れないならということでミンギュの立ち位置追っかけてちょこちょこ移動しつつ見るスタイルでした。

フィリピンの子達は男の子のファンも多くてスタンドだけだとわからないけどアリーナだけの割合だと結構いたんじゃないかな。
男の子だけというか男女のグループで来てる子が多かったです〜リア充〜〜。

並んでる時に出会った子がいて(国籍は不明なんだけどとても日本語が上手な子だった)たまにエリアで再会すると立ち話してたんだけど、
MC終わる頃には「じゃ、立ち位置行こうか」みたいな感じでエリア内で出会いと別れを繰り返してたのがスタンディング感あって楽しかったですww
weibo使ってたけど韓国語も理解してたし英語も上手だった彼女はホテルのコンビニでも会ったから遠征民だったのかなぁ…言語センスが良くて羨ましかった、
またどこかの国で会えるかな。

コンサートももちろん!とっても楽しかったです。
ファンの子が情熱的というかとにかく盛り上がりがすごいんだけど、韓国日本みたいにコールするっていうよりとにかく大きい声を出したものが勝ち
後半MC一発芸披露大会みたいな時にウォヌにミンギュが耳打ちしに出てきた時の客席の悲鳴で耳がハウリングしたwwww
いつも思うけど日本以上に海外のカプ厨はアピールが強いですねwwクパンカチューシャやミーニーカチューシャの子がたくさんいました。

Twitterでも呟いたけど、後方の空いた空間でここはクラブか!?ってくらい踊って盛り上がってる子達もいれば、
隅に重ねてある機材に座ってゆっくり曲に聞き惚れる子もいて楽しみ方は人それぞれって感じでした。あと疲れたらその辺に適当に座る。
この参加スタイルのせいもあって他の国に比べてコンサートというよりお祭り感がすごかったのですがこれはお国柄なのか…
でもジャカルタとかマレーシアの東南アジアもこんな感じなんですかね。

ナルソゴガらないのだけが残念な海外公演ですが、
日本とも韓国とも一味違うマニラ公演で異文化を感じつつの楽しいコンサートでした!